湿度のコントロールについて


ウールには湿度を約60%に保つという特性があり、この60%は人間が心地よいと感じる湿度でもあります。そしてバクテリア(細菌)は湿度70%以上の環境で繁殖するため、ウールには抗菌効果、防臭効果が期待できます。ちなみにPOINT6のソックスは平均53%ほどに保つことができるため、よりドライさを実感していただけます。

さらにウールには人間の髪の毛と同じようにキューティクル(うろこ状)があり、その外側は疎水性があり、内側(うろこ状の内側)は水蒸気を吸収する特質を持ちます。その内側はコルテックスという繊維状のたんぱく質であり、そこに水分を調節する機能があります。そのため外側は濡れに強く、内側は水分コントロールができるということから、ある程度濡れても快適さが保たれるのがメリノウールソックスであるといえます。